スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

或る週末

そろそろ出発前に会える人達に会っておきたいな、ということで、割と毎日誰かと会ったり飲んだり
まぁ、いつもの日常じゃん、という気もするけど気持ち的にはしばらく会えないのねぇ、というご挨拶感があるのです。

先週土曜は友人宅でホームパーティー

周りに一人暮らしをしている友人がほとんどいないので(ええ、パラサイトですが、何か?)、ホームパーティーができるようなお宅があると俄然助かる!

自分達で料理を用意すると、美味しくて安くて本当に楽しいし

今回も盛りだくさんの料理で大満足

メインは金沢の郷土料理『じぶ鍋』。味付けをして片栗粉でまぶした豚バラを入れる鍋なんだけど、追加していくうちにスープもトロッとしてきて本当に美味しかった

金沢とは縁もゆかりも無い友人♂が作ってくれたんだけど、美味しかったので豪州でも作ってみようっと
逕サ蜒・048_convert_20100123153642

お腹一杯になって始めたのが似顔絵ゲーム。テーマを決めて似顔絵を描くんだけど、一人の友人が天才的で大爆笑

思わず記念にもらって帰ってきたけど、どんなに辛いときでもこの絵を見たら笑顔こぼれると思う。ありがとう天才画伯

ミッキー&ドナルドおしゃまなねずみと鳩オバケ
逕サ蜒柔convert_20100123152254

翌日の日曜は母と江ノ島に行くことになっていたので、いざ、鎌倉へ。

いいお天気だったので最高に気持ちよかった海
逕サ蜒・020_convert_20100123153057

何年か前に食事して気に入った七里ヶ浜の駅前イタリアンで白ワインなど飲みつつのんびりと遅めのランチ

大人になってから何度も鎌倉や湘南に来ているのに、そういえば大仏ってもう大昔に見たっきりだな、と思って長谷に行こうということに。

長谷寺で気の早い梅の花発見
逕サ蜒・033_convert_20100123153215


鎌倉の大仏、時間が遅かったので中に入れなかったのが残念
逕サ蜒・046_convert_20100123150808

最近、めっきり食べログとか言われるこのブログを書いていると美味しい画像が友人から送られて来ることもしばしば

新宿のお寿司屋さんですっごい大きな鰤のかぶと焼きが840円だったそうな。

大きさはライター比している位の芸の細かさ。へぇ~、湘南で私が食べた魚より明らかに大きくて美味しそうなのが新宿でお安くいただけるんですね・・・
2010011719330000_convert_20100123154019.jpg
スポンサーサイト

博多胃袋拡張合宿その②

というわけで(どんなわけだ?)、怖いことに博多胃袋拡張合宿その②と続くのです。

あんなに食べたのに白い粉(太田胃散)のお陰で翌朝も思ったほどは胃もたれせず。
よしよし、私の胃袋、デキル子だ

2日目は博多っ子のオシャレスポット、キャナルシティに行ってお土産を見たりお茶したり。

朝(と言っても11時くらい?)の中州は静かなもので、やっぱりナイトフィーバー向けの街なんだなぁ。

屋台も毎日撤去するらしく、あれだけ有った屋台も朝にはキレーに片付けられてました。
CIMG0212_convert_20100112225155.jpg

日本海側の博多は九州といえど、かなり寒いので温泉で温まりたいねぇということで万葉の湯へ。

マッサージプランも付けて、温泉三昧・サウナ三昧・マッサージ(はちょっと物足りず・・・)で毒素排出、夜のフレンチに万全の体制を整えて

PETORO 西中洲本店

しっとり落ち着いたお店でボリュームも有るけど安いし、何よりワインセラーが充実。博多ってレベル高いな~

でも何よりレベルが高いのが博多女子みんなキレイで優しくて素敵な店員さんが多かったわぁ

屋台で隣に座ったおじさんが言っていたんだけど(うっかり意気投合して色々話してみた)、年代によるんだけどやはりまだ九州男児的な風習は残っているみたい。

そういえば入ったお店でカップルがいても通路側の席がみんな女子、壁側の席がみんな男子という時も東京じゃあまり見慣れない光景だわ、それって。

食べ物も美味しいし、女子はキレイで優しいし、男性を立ててくれるし、う~ん、私が男性なら住みたいなぁ、博多

3日目、15時位には中洲を出なきゃだけど、まだモツ鍋と水炊きのノルマが残っているぅぅ
と言うことで、ランチ鍋祭り

昼から鍋、それもモツ鍋と水炊きが食べれるお店を探しておはようビールから宴会スタート

博多なぎの木

大好きな餃子小ぶりでペロッといけちゃった。
CIMG0218_convert_20100112225329.jpg

キクラゲが斬新なモツ鍋。〆はちゃんぽんを選択。
CIMG0223_convert_20100112225437.jpg

白濁スープがアラサーが大好きなコラーゲンをたっぷり含んでいる模様。〆はお雑炊を選択。
CIMG0220_convert_20100112225407.jpg

もういい、もう博多悔い無し、っていうか、完全にノックダウン

博多、景色の思い出がほとんど無い。博多、観光って言うものを一切してない。博多、お酒以外の水分摂取は少ない。
でもそんな博多が大好きだ~

最後に、オーストラリアへ出発前の女子旅行とっても楽しくて、とってもいい思い出が出来ました。

色々調べてくれたり手配してくれた友人に多謝どうもありがとう

博多胃袋拡張合宿 その①

仕事が始まりほんのり風邪が良くなってきた先週。
年末年始が寝込み正月だったので、久々にヒールで出勤したらふくらはぎが筋肉痛になってしまった

仕事始めの週はリハビリで~、なんて思っていたのに結局連日してしまった

お酒を摂取していなかった年末年始のブランクを全く感じさせない飲みっぷりに自分でもアッパレだわ

胃袋も本格始動してきたところで、1月の3連休で博多に行って参りました

中州で2泊3日って、食い倒れる以外にやることが、ぬ。
ということで、胃袋拡張合宿1日目の夕食は博多海の幸祭り

とりあえず、那珂川の橋の上から中州をパチリ
CIMG0177_convert_20100112224721.jpg

福岡の取引先の方に教えていただいたお店、「くーた 西中洲店

福岡来たらとりあえず明太子
CIMG0183_convert_20100112224841.jpg


ふぐが甘くて美味しいって初めて思った・・・
CIMG0182_convert_20100112224805.jpg

刺身盛り。寒ぶりとアジが圧巻
CIMG0184_convert_20100112224920.jpg

ふるふるの炙り白子
CIMG0185_convert_20100112224953.jpg

思わずご飯が欲しくなったきんきの煮付け(お寿司頼むから我慢した)
CIMG0188_convert_20100112231606.jpg

お肉も~、ということで尾崎牛
CIMG0186_convert_20100112232025.jpg

で、お寿司。地方には珍しくシャリ小さめでこれもぺロリ
2010010920550000_convert_20100112232440.jpg

さすがに満腹で腹ごなしに博多まで来てカラオケへ

夜の中州はほんのりピンク色風俗案内所も至るところでアッケラカン。
CIMG0204_convert_20100112233027.jpg

腹ごなしってことは、その後どこに行ったかというと・・・屋台。
ホテルの前の川沿いで長浜ラーメンと餃子とビール、しかも替え玉。
CIMG0205_convert_20100112233346.jpg

6時間位の間に4回白い粉(太田胃散)を服用。
書いてていい加減おなか一杯になったので、次回へと続く。

伊豆旅

年2回は伊豆に訪れているのだけど、今回が留学前は最後かな~。
女友達と伊豆グルメ旅です

知り合いが経営している伊豆高原のペンションが常宿で、ここでの夕食が旅のハイライト。

が、その前にお腹をしっかり空かして行こうと、東京からまず修善寺に向かって、温泉の種類が豊富な百笑の湯で汗を流すこと2時間。

う~ん、風呂好きとしては2時間では全然足りない・・・。砂風呂や箱風呂、更には珍しい死海と同じ濃度の塩分の死海の湯など色々あって楽しい♪

お腹が減ったところで伊豆高原に移動。即夕食でソムリエのご主人が選んでくれたスパークリングワインでスタート。
イタリアンで素材にこだわった美味しい食事とワインを堪能。気が付いたら4人でワイン5本半(6本目は途中でギブアップ)、飲むこと6時間でバタンキューで熟睡

翌日はさすがに胃がどんよりでスッキリするために伊東マリンスパへ。

が、ここに向かう車での山道で二日酔いの上に車酔いでしばしダウンどうにか起き上がれるようになったものの、お風呂は15分で断念して休憩室でしばし横になると・・・これがまた、復活しちゃうんですわ私の胃腸、デキル子だぁっ

お腹が空いたので伊東の駅前を探索。なるべくメイン通りの裏とかにあるようなお店を探し、友人がかぎつけたお店が大正解

ほまれ

20091206145431_convert_20091230142819.jpg

ああ、伝わらない!伝わらないよね、あの美味しさは
近くのホテルやお店に卸しもしているので新鮮で美味しいお魚料理が食べれるそう(by 食べログ)。ランチは2000円弱くらいからあるみたい。

この日は天気も良くて暖かい一日

海沿いを歩きながら、日本の冬の海もいいもんだねぇ、と
ここ最近全くのんびり過ごす時間が無かったもので、思った以上の癒され旅になりました

でもやっぱり今はAustraliaの海が早く見たいわぁ太平洋も良いんだけどさっ。日本が一番寒い時期に真夏のパースにINなので楽しみったらありゃしません

マリンスパ⇔伊東駅の途中の海沿いから

20091206140507_convert_20091230140954.jpg


フジヤマ備忘録

そういえば、2009年8月28日にノリと勢いで富士山に登ったので、今更ながらその思い出をブログにアップします(デジカメ写真の整理をしていたら思い出した

高尾山にすら登ったことの無い私だけども、海外支社から日本に来る外人とディナーとかすると必ず「山子はフジヤマに登ったことがあるのか?」と聞かれ、「無い」と答えると「日本に住んでいるのになぜだ」と富士山への憧れをコンコンと話されるわけですよ。

まぁ、来年は日本を出るわけだし、話のネタになるかな~と思って登山好きの知人に連れて行ってくれるようお願いをして決行。

一応記しておくと、8月26日までタイのプーケットでバカンスに行っており、27日夜は飲み会でそのまま東京を出発。28日午前3時富士山富士宮口5合目着・仮眠・5時半起床・6時出発 更に翌29日はゴルフ&パーティーというアラサーの限界に挑戦の強行スケジュール…

ちっとも景色がきれいでは無く、ひたすら砂利・岩の道のりを経てどうにかこうにか頂上に着。

P8282418_convert_20091230143831.jpg

富士山の頂上の更にその上、剣ヶ峰まで制覇をし、富士山の上でおにぎりを食べて任務完了。

一年生になったぁら~の歌ってちょっと非現実的。6歳児が100人一度に富士山の頂上を制覇できるのだろうか?こんな岩と砂だらけの危険な道のりを経て?いや、否。まぁ、それはいいとして。

P8282435_convert_20091230143912.jpg

サックリ綴ってきましたが、ココにたどり着くまでは大変でしたよ、そりゃ。9合目過ぎたあたりからが本当に辛くて、数歩登っては休んで呼吸。

でもヨガをやっているお陰で深い呼吸法が身についているからか高山病知らず・酸素ボンベ使わず

年配のご夫婦で登っていらっしゃる方を見ていると、大抵奥様が「ホラッあなた深呼吸して!」とだんな様に指導をし、だんな様はゼィゼィボンベを使っているという…女性強しという現代の縮図を見た気持ちです

やっとの思いで頂上にたどり着いてその更に先が日本最高峰の剣ヶ峰。その前に憚るのが「馬の背」という超急な坂道。比喩ではなくリアル這いつくばってたどり着いたのだけど、富士山の頂上まで登った!という達成感は本当に快感でした

正直富士山の頂上は高すぎて雲すらもだいぶ下。けぶってしまって景色は思ったほどではないけど、心から富士山に登ってよかったと思う瞬間でした、この時は…

P8282439_convert_20091230143942.jpg

実は一緒に登った知人が体調悪く、登るのに8時間かかったのです。急いで降りないと日が暮れてします、と下り始めたのだけど、下りがこれが超・辛い。

登山靴がすねに当たりタオルを挟んでも痛い立ち止まることすら出来ない急な下り坂。というか、お金出すからヘリで迎えに来て~という程辛くて、何で富士山に登りたいなんて言ったんだろう、とブツブツ後悔

5時間かけてもう日が暮れてようやく下山。富士山の近くにあるという温泉に車で向かったものの着いたのは1時間後・・・5合目から下も雲?なのか道路が白く煙ってしまって道もよく分からなかったというのもあるけど、疲れに追い討ちかけられた感じ

砂とホコリだらけで4回シャンプーをしてようやく泡立ち、汚れを全部落として湯船でモミモミ身体をほぐしたらあっという間に温泉の閉店時間。ウウッ忙しい。

運転もしなくてはいけない知人は本当に本当に大変だったろうし、お疲れ様&感謝。
私もどうにか寝ないで家まで送ってもらい、足腰にシップを貼りまくって就寝

奇跡的に筋肉痛無しのまま翌日で、その後のコンペパーティー2次会・3次会で、私の長い長い戦いが(のんびり夏休みのはずだったんだけど・・・)終わりました。

「富士山は、一度も登らないバカ・二度登るバカ」という富士山地元の方の言葉はねぇ、確かに
でも登って良かったなぁ、本当に

富士山登山以来、テレビや新幹線などで富士山を見かけると、「私、あそこに登ったんだぁ」って。よく見ると頂上の端っこに高く尖っている所があって、そこが剣ヶ峰。登る前とは違う視点で富士山を拝むのでした。

プロフィール

山子(やまこ)

Author:山子(やまこ)
日本ではオージービーフを輸入しつつも丸の内OL生活を満喫。
仕事でやり取りするオーストラリアのユルさに呆れつつも何故
か惹かれ、ギリホリで渡豪。

ビールと餃子とゴルフをこよなく愛する山子です。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。