スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perth~Broomeの旅 (7日目~9日目)

7日目 <6/25 Fri>

この日から秘境といわれるカリジニ国立公園に行く。
アドベンチャーとはこのことでしょう・・・。

あの~、道、無いですけど

逕サ蜒・635_convert_20100630171909

あの~、足元すっごい滑るけど、防水では無いカメラとか携帯とか持ってますけど

逕サ蜒・306_convert_20100630173416

あの~、昨晩もキャンプでシャワー浴びれませんでしたが、本日の入浴はココでしょうか

逕サ蜒・600_convert_20100630174244

あ~、なるほど、次の天然プールは滝があるから水圧で髪を洗え、と。

逕サ蜒・321_convert_20100630173852

へぇぇぇぇ・・・。

美白・潤い・整った爪・ツヤツヤの髪
そんな単語が遥か遠い世界のことのように思えてきました・・・。

それでもこの大自然の美しさと荒々しさには圧倒されっぱなし
この赤茶色の岩は全て鉄鉱石らしい。

25億年以上という、想像もつかない長い年月をかけて今に至るこの地形をこの目で見て、体験できたのは素晴らしい

逕サ蜒・662_convert_20100630184625

逕サ蜒・671_convert_20100630184825

この夜は天体観測ツアーに参加
天体望遠鏡を使って星の観測をするのです。

逕サ蜒・699_convert_20100630190205

実はこの旅、最終地点のBroomeでの月の階段を目指しているので、どんどん満月に近づいていっている旅なのです。
連日晴天続きなので月明かりも絶好調

ということで、月が明る過ぎて思ったより星が見えない・・・

が、満月の6/27に奇跡が起こるのですがまたそれは追々

南十字星やら大マゼラン雲、天の川を天体望遠鏡で観測。
土星まで見ることも出来て、最後には月の観測。

月が明るすぎて長い時間天体望遠鏡は覗けず

天体望遠鏡越しに、写真に撮ることが出来ました

逕サ蜒・698_convert_20100630190942

この夜はパースでも氷点下を記録する極寒
いくら北上しているといっても夜はかなり寒かったので、さすがにテントの中で就寝


8日目 <6/26 Sat>

この日もカリジニ国立公園へ。

太ももにジンマシンが発生し、日焼けと乾燥で痛くてしょうがない
が、この環境に完全に適応し切れていない自分がいたことに、少しホッとしたりする

朝の時点で「今日は濡れるからそのつもりで」とのドライバーからの指示

防水では無いカメラをジップロックに入れて、いざ出発

ここまでも大分ハードな道のりだったけど、更にこの先の狭い渓谷を進んでいくのです。

逕サ蜒・773_convert_20100630192749

この時点ではどうにか踏ん張れたんだけど(落ちてしまった先客がいた

逕サ蜒・365_convert_20100630191818

この時点では踏ん張れず、次々と水に落ちていく私達。

逕サ蜒・395_convert_20100630192103

初めから泳げばいい話なんでしょうけど、秘境の奥地の、更に日もあまり当たらない狭い渓谷なので、水の冷たさが半端じゃない

ちなみに、一番左に立っているOliviaは初めからGive Upでお留守番してました。

逕サ蜒・462_convert_20100630192444


Lunchの後はカリジニを出て次のキャンプ地へ移動
北上しているので夕日は常に左側。

毎日飽きずに見とれていたら、まだ日が沈んでいないのに右側に月が出没

逕サ蜒・799_convert_20100630193134

更に満月のこの日、何か月が丸く無くなってきた・・・と思っていたら、まさかの皆既月食

写真に撮ると、薄っすら陰になっている部分も見える
逕サ蜒・412_convert_20100630193702

月明かりが半減したことによって、今まで明る過ぎて見えなかった星が一斉に出現
天の川も肉眼でしっかり見え、とにかくあまりの星の数にただただぼう然と夜空を見上げる。

徐々に満月の形に戻ると共に、天の川も消えてしまいました


奇跡を堪能した後は、一応ツアー最後の夜、ということで焚き火を囲んで夕食&飲み

フォークダンスを教えて踊ったり、

逕サ蜒・654_convert_20100630195218

ゲイ説が流れたDavidが開き直ったり。

逕サ蜒・586_convert_20100630195150

夜は焚き火を囲んで最後の野宿。

逕サ蜒・817_convert_20100630195356

9日目 <6/27>

木の枝にパンを刺して焚き火で焼いて朝食。
当然焦げる。

逕サ蜒・810_convert_20100630200217[1]

こうゆう経験から、トースターが発明されていったんだろうな・・・。

キャンプ生活では食器を洗うのもままならず、本当にすすぐ程度。
それでもお腹を壊さないので、どうにかなるものだ、と。

が、そろそろシャワーを浴びたい病が限界となる。
この日はBroomeまでひたすら移動

途中で寄ったPort HedlandでこMorning teaを摂るも、資源で潤っているこの街でイケて無いにも程がある自分の姿に卑屈になる

更に途中Beachに寄ったので、赤土まみれの体を洗えるかと思ったら、すっごい勢いで引き潮
歩いても歩いても、足首までを洗うのが精一杯。

段々壊れてきた私達。
友達が貝殻お姉さんになってしまいました

逕サ蜒・856_convert_20100630201156

いや、何度も確認したんだけど、ブログに載せても全然構わないって言うから・・・


こんなことをしていたら、Broomeに着いたのは夜の9時近く。
この日は月への階段の時間はとっくに過ぎてしまっているので、一応解散をしてそれぞれのホテルへ。

何日か振りのシャワーを浴びて、洗濯をして、みんなでまた集まってEngland VS Germanyのワールドカップを観戦

逕サ蜒・753_convert_20100630201807

その後PUBで飲み直して、ようやく数日振りのベッドで就寝

Perth~Broomeの旅 (10日目~11日目) に続く
スポンサーサイト
プロフィール

山子(やまこ)

Author:山子(やまこ)
日本ではオージービーフを輸入しつつも丸の内OL生活を満喫。
仕事でやり取りするオーストラリアのユルさに呆れつつも何故
か惹かれ、ギリホリで渡豪。

ビールと餃子とゴルフをこよなく愛する山子です。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。